スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


リリカ、帯状疱疹後神経痛の「第一選択薬となる薬剤」(医療介護CBニュース)

 駿河台日本大学病院の小川節郎院長は6月7日、同月下旬の発売が予定されている帯状疱疹後神経痛治療薬リリカカプセル(一般名=プレガバリン)の共同販促活動を行うファイザーとエーザイが共催した記者説明会で、同薬について「日本における帯状疱疹後神経痛の治療方法の改善に強く寄与し、第一選択薬となる薬剤」と述べた。小川氏によると、リリカは欧州神経学会などで同神経痛の第一選択薬とされているという。

 小川氏は、リリカが国内のフェーズ3試験で、痛みの評価の指標である「疼痛スコア」が有意に改善されたことや、長期投与試験で鎮痛効果が持続したことなどを指摘。また、安全面についても従来の疼痛治療薬と比較して「はるかにいい」と強調した上で、「非常に使いやすいというのは、使った経験のある医師ははっきりと明言できる」と述べた。

 帯状疱疹後神経痛は末梢性神経障害性疼痛の代表的な疾患。リリカは従来の疼痛治療薬とは異なる新しい作用機序を持つ薬剤。疼痛が起きている状態では、神経前シナプスのカルシウムイオンチャネルから流入したカルシウムイオンにより、神経が興奮し、神経伝達物質を過剰に放出しているが、リリカはカルシウムイオンの神経前シナプスへの流入を抑えることで、興奮性神経伝達物質の過剰な放出を抑制し、鎮痛作用を発揮する。ただ、小川氏によると、興奮性神経伝達物質の放出が収まり、これを受け取る神経後シナプスの過敏が収まるまで多少時間がかかるため、リリカの効果が分かるまで1週間ほどかかるという。

 ファイザーの広報担当者によると、国内の治療では、主に日本臓器製薬のノイロトロピン錠などが用いられているが、国際的な末梢性神経障害性疼痛の治療アルゴリズムでプレガバリンと共に第一選択薬とされているガバペンチン(ファイザーの抗てんかん薬ガバペン錠)が適応外で使用されるケースもある。


【関連記事】
帯状疱疹後神経痛治療剤リリカの承認取得―ファイザー
ファイザー、武田薬品の大型新薬候補の承認を了承
「新生ファイザーで多角化を一段と強化」
未承認薬・適応外薬の開発要請、最多はファイザーの7件
国内医療用医薬品が2ケタ増収―エーザイ

民主党幹事長に枝野氏起用固まる(産経新聞)
南アW杯 ヨハネスブルクで祝祭沸騰(産経新聞)
<転落>パワーショベル運転の男性死亡 兵庫でビル解体中(毎日新聞)
4、5月の機密費は3億円=引き継ぎ時の残高明かさず(時事通信)
<囲碁>穏やかな序盤戦に 本因坊第3局始まる(毎日新聞)

<口蹄疫>宮崎県、種牛の発熱を国に報告せず(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、東国原英夫知事が国に特例で助命を求めていた種牛49頭のうち、感染が疑われる症状がみられた2頭のうち1頭は22日に発熱していたにもかかわらず県が国に報告していなかったことが28日、明らかになった。

 県によると、1頭は22日に発熱。隔離して投薬治療で翌朝には解熱した。しかし、26日に別の1頭が発熱し、この牛に28日、口蹄疫特有のよだれや鼻腔(びくう)内に水疱(すいほう)が破裂した痕跡が見つかったと説明した。最初の1頭は「風邪の症状だった」(県農政水産部幹部)として報告しなかったと弁明した。山田正彦副農相は「(連絡がなかったことは)残念。これまでも(49頭が)生きていること自体がおかしいと言ってきた」と不快感を示した。【蒔田備憲】

【関連ニュース】
口蹄疫:種牛2頭発症 残る47頭も殺処分へ
口蹄疫:赤松農相が5月30日に2度目の宮崎入りへ
口蹄疫:特別措置法が成立 国の損失補償、より手厚く
口蹄疫:種牛49頭の殺処分容認 東国原・宮崎県知事
口蹄疫:対策特別措置法案が衆院通過 28日成立へ

<小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
川崎信金秘書室長を逮捕=覚せい剤所持容疑、大手企業社員らも―神奈川(時事通信)
従業員ら4人を起訴=一家3人強殺、遺棄―長野地検(時事通信)
警部補を書類送検、懲戒免職=駐在所でわいせつの疑い―広島県警(時事通信)
産廃処分、家族4人を逮捕=無許可で天理市に―大阪、奈良両府県警(時事通信)

「歩みがのろいな」憲法審査会問題で鳩山首相(読売新聞)

 鳩山首相は14日、衆参両院の憲法審査会が活動を始める環境が整っていない問題で、「憲法に関する歩みがのろいな、という思いは感じている」との認識を示した。首相官邸で記者団に語った。

<男性死亡>侵入男の逃走車から振り落とされ 京都・福知山(毎日新聞)
檜枝岐歌舞伎 山里に江戸の伝統 福島(毎日新聞)
参院定数「40程度削減」=マニフェストに明記へ―民主検討委(時事通信)
飲酒運転事故で母身代わり、市職員を書類送検へ(読売新聞)
ツイッターでW杯応援 スカパー!がサイト開設(産経新聞)

揺さぶられ症候群で重傷、父親に有罪判決(読売新聞)

 生後3か月の長男の頭を強く揺さぶるなどして「乳幼児揺さぶられ症候群」で脳に損傷を負わせたとして、傷害罪に問われた父親の無職箕村裕介被告(22)(大阪府藤井寺市)に対し、大阪地裁堺支部は6日、懲役3年、保護観察付き執行猶予4年(求刑・懲役5年)を言い渡した。

 向井敬二裁判官は「短絡的で身勝手な動機により、取り返しがつかない重傷を負わされた長男は、まことに不憫(ふびん)」とした一方で、「実刑も十分考えられるが、悔悟の念を深め、妻と一緒に、長男を強い覚悟で養育すると約束している」などと述べた。

 判決によると、箕村被告は昨年11月20日夕、自宅で、長男が泣きやまないことにいらだち、両脇から抱え上げて全身を激しく揺さぶる暴行を加え、急性硬膜下血腫などの重傷を負わせるなどした。長男は医師から、知的障害や運動障害などの後遺症が残る可能性があると指摘されている。

天皇、皇后両陛下 冬季五輪入賞者招き茶会(毎日新聞)
首相、17日以降に沖縄再訪問へ(読売新聞)
学校現場の「問題」解決を支援 弁護士、精神科医らがチーム 千葉(産経新聞)
<将棋>羽生が38手目封じて1日目終了 名人戦第3局(毎日新聞)
友人母に女児刺される 大阪で逮捕「いきなりやられた」(産経新聞)

普天間「あらゆるオプション想定」=前原沖縄相(時事通信)

 前原誠司沖縄担当相は25日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県外・国外移設を求める大規模な県民大会の開催に関連し「あらゆるオプション(選択肢)を想定し、日米同盟関係の実効性確保と地元住民のご理解を両立する形で、この問題を解決することに尽きる」と述べた。大会開催に先立ち、兵庫県西宮市内で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜普天間問題の背後にあるもの〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

<つくばみらい市長選>片庭氏が初当選 茨城(毎日新聞)
<稲庭そば>半世紀ぶりに復活 秋田(毎日新聞)
北教組幹部ら、来月初公判=小林氏陣営の違法献金事件−札幌地裁(時事通信)
<沖縄市長選>東門氏が再選(毎日新聞)
<羊放牧>春満喫、一斉に駆けっこ 岩手・小岩井農場(毎日新聞)

<解雇訴訟>元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)

 尿検査で大麻の陽性反応が出て、日本相撲協会を解雇されたロシア出身の元露鵬(30)、元白露山(28)兄弟の訴えは退けられた。力士としての地位確認を求めた訴訟で、19日に言い渡された東京地裁判決。元白露山とともに着物姿でまげを結って法廷に臨んだ元露鵬は「自分が(大麻を)やったことがないことをやったと協会に言われた。犯罪者ではないのに犯罪者扱いされて、納得いかない」と反発した。

 兄弟は開廷約20分前に代理人の塩谷安男弁護士と一緒に法廷入りした。ひげをはやした元白露山は判決後、「言うことはない」とコメントを控えたが、塩谷弁護士は「名誉を回復したいのと(協会に)できれば戻りたい」と2人の思いを代弁した。

 一方、日本相撲協会は判決後、「裁判所が協会の行った解雇処分が正当であると判断して、2人の請求を認めなかったのは当然で、正しい判決」とするコメントを発表した。

 兄弟側は、ずさんな検査で名誉を傷付けられたとして、検査を実施した協会の再発防止検討委員会(現生活指導部特別委員会)の委員らに賠償を求める訴訟も東京地裁に起こしており、係争中となっている。【武藤佳正】

【関連ニュース】
大麻解雇訴訟:元露鵬、元白露山兄弟の請求棄却…東京地裁
大相撲:新大関「謹んでお受けします」 把瑠都ホッと
第28代木村庄之助:通夜で曙さんら冥福祈る
訃報:大西祥平さん57歳=慶応大スポーツ医学研究所長
大相撲:新大関・把瑠都誕生…「まずは優勝を」と意気込み

「認知症ケア」など介護関連で3資格創設―職業技能振興会(医療介護CBニュース)
発掘調査事務所燃える=国指定の鴻臚館跡−福岡(時事通信)
リーディングホテルズ、富裕層向けラグジュアリーゴルフ旅行プラン開発
官房長官、移設説得へ徳之島乗り込みにも意欲(読売新聞)
元気な姿、重力疲れも=「忙しかった」「地球美しい」−家族との再会喜ぶ・山崎さん(時事通信)

手配の男、殺人未遂などで逮捕=殺意は否認−長崎県警(時事通信)

 長崎県佐世保市で、警官2人が職務質問した男に刺され重軽傷を負った事件で、殺人未遂と傷害容疑で指名手配されていた自称住所不定、無職神山望容疑者(33)が13日、福岡県警南署に出頭、同容疑で逮捕した。長崎県警によると、刺したことは認めているが、殺意については否認しているという。凶器とみられる折り畳み式ナイフ(刃渡り約10センチ)も所持していた。
 神山容疑者は12日未明、佐世保市のJR早岐駅近くの路上で職務質問を受けた際、長崎県警機動捜査隊の川口欣也警部補(49)と川渕圭巡査部長(42)をナイフのようなもので刺して逃走したとされる。 

<平野官房長官>仙谷氏を批判 衆参同日選発言(毎日新聞)
サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)
<児童買春>男児ポルノを摘発 専門サイト主宰の男逮捕(毎日新聞)
税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー−金融庁(時事通信)
<男性死亡>短期マンションで腹部刺され 外国人か…三重(毎日新聞)

軍政ミャンマー潜入記出版…神戸の報道写真家(読売新聞)

 軍事政権下のミャンマー(ビルマ)で取材しているフォトジャーナリストの宇田有三さん(47)(神戸市在住)が、17年間の取材成果をまとめた「閉ざされた国 ビルマ」(高文研)を出版した。

 報道の自由が極端に制限される同国で、全14州・管区に潜入、取材した記者は世界で例がなく、約80枚の写真とルポで深部に迫っている。宇田さんは大阪市内など各地で講演活動を行い、軍政の迫害から逃れた人々の窮状も訴えている。

 元中学校の英語教諭。米国の専門学校で撮影技術を身に着け、中米エルサルバドルの内戦取材で写真家としての一歩を踏み出した。

 ミャンマー取材を始めたのは1993年。新聞記事で武装闘争を続けるカレン族のことを知り、「彼らが何を考えているのか肌で知りたい」と思い、現地に入った。山奥の最前線に生きる少年兵の姿や、司令官の表情、タイにある難民キャンプで暮らす人たちの様子を見て、「抑圧下でもたくましく生きる、この人たちの〈小さな歴史〉を記録したい」と考えたという。

 2001年には取材範囲を同国全域に広げ、今回の著書では、こうした取材の軌跡をたどった。

 軍政下での取材は危険を伴う。宇田さんは目的地に行くまでに常にタクシーを3回乗り換え、偽名を使い分けている。

 緊迫した状況で撮った写真も多い。03年9月、しばらく行方不明だった民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんが、最大都市ヤンゴンで入院していることが判明し、その病院前で、プラカードを持って立つ支持者を撮影した1枚もそうだ。私服の政府関係者が監視する中、通りすがりを装い、「緊張で腰が引けながら」隠し撮りした。

 現場の様子をとらえたメディアはほかになく、写真は翌日、タイで発行される英字新聞に掲載された。「プラカードに英語でもメッセージが書かれているのが見え、自分が海外に発信しなければ、と思った。命懸けで権力と向き合う人たちの姿をどうしても伝えたかった」と振り返る。

 四六判240ページ。1700円(税別)。問い合わせは高文研(03・3295・3415)。

無担保で1500万円貸し付け=法務省所管法人、理事長に−報酬も同時期倍増・東京(時事通信)
みかんの搾りかす有効活用、バイオ燃料に(読売新聞)
胴体も女性会社員と確認=福岡県警(時事通信)
都立高定時制で初の追加募集 思わぬ人気に枠拡大(産経新聞)
<北アルプス>「乗鞍スカイライン」除雪作業始まる(毎日新聞)

「新党今週中に」与謝野氏、都知事「応援団に」(読売新聞)

 自民党に離党届を提出した与謝野馨・元財務相は4日午前、フジテレビの報道番組に出演し、平沼赳夫・元経済産業相と結成する新党について、「今週中に立ち上げる」と述べた。

 同番組に出演した石原慎太郎・東京都知事は「応援団になる」と新党を支援する意向を示した。

シー・シェパード元船長、5つの罪で起訴(読売新聞)
スーツケース遺体、33歳の韓国女性か(読売新聞)
鳩山首相と小沢氏が会談=政権運営で意見交換(時事通信)
森下千里さん、運転中に接触事故 けがなし 東京・渋谷の国道20号(産経新聞)
<長官狙撃事件>時効で容疑者不詳のまま不起訴 東京地検(毎日新聞)

<名張市長選>亀井氏が3選 三重(毎日新聞)

 名張市長(三重県)選は亀井利克氏(58)が3選。前近畿運輸局次長の辻安治氏(52)を破る。投票率は58.31%。

 ▽確定得票数次の通り。

当20975 亀井 利克=無現<3>

 17468 辻  安治=無新

<訃報>大澤利昭さん79歳=元東京薬科大学長(毎日新聞)
<損賠提訴>自転車欠陥で転倒 障害残った男性、輸入元を(毎日新聞)
首相動静(4月2日)(時事通信)
<掘り出しニュース>県天然記念物なのに…所有者、サザンカの巨樹を無断で伐採 奈良(毎日新聞)
ホワイトビーチ案「中止させたい」=うるま市民ら、鳩山首相に直訴へ−普天間移設(時事通信)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 比較
即日現金化
クレジットカード現金化
副業
競馬サイト
情報起業
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
  • リリカ、帯状疱疹後神経痛の「第一選択薬となる薬剤」(医療介護CBニュース)
    ふにゃバット (06/02)
  • リリカ、帯状疱疹後神経痛の「第一選択薬となる薬剤」(医療介護CBニュース)
    CP (05/27)
  • リリカ、帯状疱疹後神経痛の「第一選択薬となる薬剤」(医療介護CBニュース)
    とろろいも (01/16)
  • リリカ、帯状疱疹後神経痛の「第一選択薬となる薬剤」(医療介護CBニュース)
    桃医 (01/10)
  • リリカ、帯状疱疹後神経痛の「第一選択薬となる薬剤」(医療介護CBニュース)
    玉木よしひさ (12/31)
  • リリカ、帯状疱疹後神経痛の「第一選択薬となる薬剤」(医療介護CBニュース)
    こういち (12/26)
  • リリカ、帯状疱疹後神経痛の「第一選択薬となる薬剤」(医療介護CBニュース)
    まろまゆ (12/22)
  • リリカ、帯状疱疹後神経痛の「第一選択薬となる薬剤」(医療介護CBニュース)
    ヘッド (12/06)
  • リリカ、帯状疱疹後神経痛の「第一選択薬となる薬剤」(医療介護CBニュース)
    ポロネーゼ (12/03)
  • リリカ、帯状疱疹後神経痛の「第一選択薬となる薬剤」(医療介護CBニュース)
    さもはん (11/24)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM